世界がん撲滅サミット2021ホームページトップへ

『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』プログラム

  • ホーム
  • 『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』プログラム

2021年12月5日(日)午後1時~
<2021年91日現在>

※ご講演者、タイトル、スケジュール等変更の可能性があります。

12:15

開場 大阪国際会議場

13:00~13:30(30分)

オープニング、来賓ご挨拶並びにご紹介

13:30~13:45(15分)

大会長講演

「がん撲滅・世界連携最前線2021」

アライアンス・フォーラム財団 代表理事
原 丈人 氏

13:45~14:00(15分)

「がん撲滅に向けた日本政府の挑戦2021」

内閣総理大臣補佐官 内閣官房健康・医療戦略室室長
和泉 洋人 氏

14:00~14:15(15分)

「がん対策加速化への道2021」

厚生労働省医務技監
福島 靖正 氏(予定)

14:15~14:30(15分)

ノーベル賞級講演Ⅰ

「日本のがん医療革命最前線」

公益財団法人がん研究会がんプレシジョン医療研究センター所長
内閣府戦略的イノベーション創造プログラム・AIホスピタルディレクター
東京大学・シカゴ大学名誉教授
中村 祐輔 氏

14:30~14:45(15分)

アジア代表講演

「生活習慣病の克服に向けた逆転の発想~マイクロバイオーマとは何か?~」

香港中文大学医学部部長・教授
フランシス・チャン 氏
(腸内細菌等を活用したマイクロバイオーマの世界的権威)

14:45~15:00(15分)

EU代表講演(リモート参加または事前収録)

検討中

15:00~15:10(10分)

休憩

15:10~15:25(15分)

日本代表講演

「がん撲滅に向けた肝胆膵治療最前線」

大阪市立大学大学院医学研究科医学研究科長・肝胆膵病態内科学医学部長・教授
河田 則文 氏
(肝がん・すい臓がん撲滅を目指すがん治療の権威)

15:25~15:40(15分)

米国代表講演

「米国が描くがん撲滅戦略2021」

シカゴ大学プレシジョン医療研究センター センター長・教授
マーク・J・ラテイン 氏
(臨床試験の国際的リーダーであり世界のがん医療界の重鎮)

15:40~15:55(15分)

ノーベル賞級講演

「制御性T細胞によるがん予防薬開発最前線」

大阪大学免疫学フロンティアセンター特任教授
坂口 志文 氏

15:55~16:05 (10分)

休憩

16:05~18:00

がん撲滅サミット公開セカンドオピニオン~すべてのがんにリベンジを!~

司会 中見 利男 氏

登壇予定者(2021年9月13日現在

  • 中尾 昭公 氏
    名古屋大学 名誉教授、名古屋セントラル病院 院長
  • 藤原 俊義 氏(食道及びすい臓がん・テロメライシン ウイルス療法)
    岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 消化器外科学 教授【リモート参加】
  • 小川 和彦 氏(カプセル型小線源治療・サイバーナイフ・IMRT等)
    大阪大学大学院医学系研究科 放射線治療学講座 教授
  • 佐野 圭二 氏(肝胆膵外科)
    帝京大学医学部外科学講座 教授
  • 大圃 研 氏(大腸がん、内視鏡手術の世界的権威)
    NTT東日本関東病院 消化管内科・内視鏡部 部長
  • 鎌田 正 氏(重粒子線)
    神奈川県立がんセンター重粒子線治療センター長、量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院 元病院長

閉会の辞「世界がん撲滅大阪宣言2021」

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。