第5回がん撲滅サミットホームページトップへ

がん撲滅サミットの理念

~がんに支配された人類から、がんを支配(コントロール)する人類へ~

がん撲滅サミットとは2013年9月に身内に2人のがん患者がいる作家・ジャーナリストの中見利男氏が、一向に大きく減らないがん患者死亡率を将来的にゼロにしていくために、医療をはじめ、政府、官僚、経団連などの各界に呼びかけて「オールジャパンでがん撲滅に向けて立ち上がろう」と提唱したことから始まったがん撲滅ムーブメントです。

これによって2015年6月9日、パシフィコ横浜にて最高顧問、代表顧問主導の下、第1回がん撲滅サミットが開催されました。当日は皇室よりご来臨いただいた高円宮妃殿下から『攻めなければ負けしかないなか、がん撲滅を目指すぐらいの意気込みは必須と感じます』との名誉あるお言葉を賜り、文字通りオールジャパンでがん撲滅に向けて乗り出そうという機運が高まりました。

ここで大事なことは『がんに支配された人類から、がんを支配(コントロール)する人類』に向けて明確な意志を以て挑戦を開始することです。

第5回がん撲滅サミットホームページ

~第5回がん撲滅サミットの目標~

確かにがんは日々人間の体内に4000個~6000個発生しており、がん発症そのものをゼロにすることは困難だと言われております。しかし、大事なことは、将来的に副作用のないがん予防ワクチンを開発し、がん死をゼロに近づけようとするたゆまない努力、及びがんの早期発見、新しい治療法の開発及び創薬の実施です。

またがんを撲滅しようというアグレッシブな心を持つことでがんと診断されても積極的に生への希望を失わず、がんとの闘い、あるいは共存を目指して治療を実行することです。

そのうえで、私共はがんになっても生き生きと活動のできる社会の構築をオールジャパンで目指して参ります。

おかげ様で第3回がん撲滅サミットでは光免疫療法の治験開始に対しても後押しをさせていただいたほか、すい臓がん、小児がんなど難治性希少がん撲滅のための『先端高度がん医療センター(仮)』構想の政府への提言活動など、具体的なアクションを起こすことができました。

また約1100名のご来場者をお迎えして東京ビッグサイト国際会議場で開催した昨年の第4回がん撲滅サミットでは第4の治療、すなわち免疫療法の世界的な権威 中村祐輔氏のネオアンチゲンや杉山治夫氏のWT1ペプチドがんワクチンについてご紹介。

加えて次世代の医療として世界から期待されている出澤真理氏が発見された修復細胞――Muse細胞をご紹介するなど、新しい希望あるがん治療の幕開けを皆さんにお伝えしました。

さらに『先端高度がん医療センター』(仮)とIOT医療ネットワークを連動させた『がん撲滅イニシアチブ2018』を代表顧問・提唱者の中見利男氏が発表。

これによってスマホなどのモバイルを病院に変えて、どこに行ってもシームレスな医療や診断が受けられる社会の構築。さらには副作用のないがん予防ワクチン開発、並びにリキッドバイオプシー、ネオアンチゲンなどの超早期発見・治療技術を国家プロジェクトで実行してがん医療の『レジームチェンジ』を起こそうという提唱が行われました。

そして今後、政府に対しても『がん撲滅イニシアチブ』の提言活動を開始することなどが表明されました。こうした活動によってがん撲滅サミットが単なるイベントではなく、がん撲滅のための戦略的運動体であることをご理解いただけたことと存じます。

そこで創立5周年祈念となる今大会はプロ野球界の至宝・王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス株式会社 取締役会長)の主治医であり、世界的な医療界の重鎮でいらっしゃる北島政樹先生(公益財団法人がん集学的治療研究財団会長、学校法人国際医療福祉大学副理事長、国際医療福祉大学名誉学長)を大会長にお迎えし、厚労省、内閣官房健康・医療戦略室と連携しながら、さらに盤石の体制で開催に向けた準備に入っておりました。しかしながら北島政樹先生は5月21日にご逝去されました。

慎んでここにご冥福をお祈り申し上げます。

北島政樹先生にはご生前から「がん撲滅をいつの日にか成し遂げたい。その基礎固めを今こそ実行するのです。」という強いご信念でご指導を頂いておりましたので、非常に残念でなりません。

北島政樹先生には永世大会長として天上から引き続きがん撲滅サミットをお見守り頂きたいと願っております。

北島先生という医療界の巨人を喪ったことは本当に悔やまれます。

しかし我々は、そのご遺志を受け継いで必ずや第5回がん撲滅サミットを成功させて参ります。

そこで御生前、北島政樹 永世大会長が、

「日本のがん医療に今、必要なのはイノベーションですよ。少しでも患者の皆さんに体力的にも経済的にも負担のない治療を目指すことが大事ですね。そういう意味でも私はアメリカのシリコンバレーで活躍されている原丈人(じょうじ)先生に期待しているんですよ。今年のサミットで、ぜひお会いしたいですね」

と語っておられたお言葉をご遺言と考え、世界でイノベーション旋風を巻き起こして来られた原丈人先生(内閣府参与、アライアンス・フォーラム財団代表理事)を新大会長としてお迎えさせていただきます。

原丈人先生は、かつて国連政府間機関特命全権大使をご経験された文字どおりの国際派です。

また大会長補佐として東京大学医学部付属病院病院長の瀬戸泰之先生にご指導頂くことになりました。

すなわち、第5回がん撲滅サミットは永世大会長 北島政樹先生、大会長原丈人先生、副大会長 國土典宏先生(国立研究開発法人 国立国際医療センター理事長)、大会長補佐に東京大学医学部付属病院病院長 瀬戸泰之先生、そして代表顧問、提唱者の中見利男氏の強力な新体制で実施いたします。

~今回の新テーマは『がん医療にイノベーションを起こせ! 立ち止まるな日本!!』~

第1回がん撲滅サミットが2015年6月9日に開催された翌年の2016年1月。アメリカでオバマ前大統領が一般教書演説の中でがん撲滅ムーンショットイニシアチブを発表したことを皮切りに、バイデン前副大統領を中心にアメリカでも『がん撲滅ムーンショットプログラム』がスタート。同年10月には日米韓保健相会合において『がん撲滅ネットワーク』が構築されることが決定しました。

こうした中で2019年4月25日に厚生労働省が発表した『がん研究10ヶ年戦略』の推進報告書(中間評価)は次のように締めくくられました。

『がん患者にとって、またその家族にとってがん研究の進展は、まさしく「希望」である。本中間評価に基づいて行われるがん研究の成果が患者やその家族、医療従事者等に確実に届き、「がんの根治」を実現し、「がん患者とその家族のニーズに応じた苦痛の軽減」をもたらし、「がんの予防と早期発見」と可能とし、「がんとの共生」につながることを期待してやまない。』と明確に謳っております。

『がんの根治の実現』

その通りです。すい臓がん、小児がんなどの希少性、難治性がんであっても決して屈することなく堂々と立ち向かい根治を目指す社会。これこそががん撲滅サミットが目指す世界なのです。

これまで私共は北島政樹 永世大会長のご指導の下で『全がん種の根治を目指せ! 立ち止まるな日本!!』をテーマに準備を進めておりましたが、『全がん種の根治』を目指すためには、現在の日本のがん医療に少なくともイノベーションを起こさねばなりません。

多くのがん患者の皆さんが、がんで亡くなっている今、またすい臓がんをはじめとする難治性、希少性がんに苦しんでおられる方々がいらっしゃる今、我々は現状に満足していてはならないのです。

そこで今大会の新テーマは『がん医療にイノベーションを起こせ! 立ち止まるな日本!!』とさせていただき、これまでシリコンバレーを中心に世界でイノベーション旋風を起こして来られた原丈人大会長の下、革新的な大会を目指して参ります。

今、我々は自らに問うべきです。

一体何のために、がんを研究するのか。

答えは明白です。患者の皆さんのために研究は進められるべきものです。

では一体何を目標にがんを研究するのか。

それは間違いなくがんを撲滅することではないでしょうか。かつて山極勝三郎先生が世界に先駆けてがんを撲滅するために、まず人工的にがんを発症させたように、がんの研究とは、すなわち最終的にはがん撲滅に向けた研究であることは言うまでもありません。

そのようなゴールを見据えたうえで研究者の皆様の情熱や、その実りが患者の皆さんの手元に一日でも早く届く医療社会の構築を我々も目指して参りたいと考えております。

そこで今大会よりPMDA独立行政法人医薬品医療機器総合機構の名誉理事長でいらっしゃる近藤達也先生に大会顧問としてご指導をいただくことになりました。

もちろん今大会も日頃、交通費や医療費などをかけて治療をされておられる患者の皆様や闘病を後押しをされておられるご家族の皆様のためにも入場料は無料とさせていただきます。

がん治療のための貴重な情報と期待と希望を胸に秘めて明日に向かって勇気ある一歩を踏み出していただきたい。そういう思いからがん撲滅サミットは入場料金をいただかない方針です。

その分、お手元に届いた入場チケットはできるだけ大事にご活用いただけますと幸いです。一人でも多くの方にご来場いただくためにも何卒よろしくお願い申し上げます。

また、おかげ様で今大会は創立5周年を記念する大会でもあります。そこで創立5周年記念事業として『がん撲滅サミット・ムーンショットプロジェクト』を開始する所存です。

詳細は後日発表いたしますが、『がん撲滅サミットの理念』が時代の潮流となり得るような活動をスタートさせる予定です。

~今こそ、オールジャパンでがん撲滅へ~

大事なことは、がんという大いなる人類の敵に対して、政府、経済界、患者、ご家族、一般市民、そして医療者が心を一つにして向き合う環境を作り上げることです。それこそが「がん撲滅サミット」を旗揚げさせて頂きました最大の目的です。私共の趣旨をご理解いただき、第5回がん撲滅サミットにご協力、ご指導、そしてご来場いただけますと幸いです。

以上

創立5周年祈念~第5回がん撲滅サミット実行委員会一同

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。