第4回がん撲滅サミットホームページトップへ

大会長メッセージ

佐治 重豊

第4回がん撲滅サミット 大会長
アジア臨床腫瘍学会 名誉会長
公益財団法人 がん集学的治療研究財団 前理事長
岐阜大学 名誉教授
社会医療法人 厚生会 木沢記念病院 顧問
佐治 重豊

この度、第4回がん撲滅サミットの開催にあたりご支援、ご来場いただき誠にありがとうございます。
人類はこれまで約4,000年近くがんと闘って参りましたが、何度も打ちのめされ続けてきたことは否定困難な事実です。
しかし、ここ50年近くになって、「がんは克服できる」ものだという認識が生まれ、今や第4の治療と呼ばれる免疫療法の登場と、これらのベストミックスによってがんを克服しようという集学的治療の手法が進化・発展し、人類はいよいよ「がん撲滅」への扉に手をかけるところまで辿り着けたと考えています。今後はゲノム医療やAIの導入、免疫チェックポイント阻害剤の普及、光免疫療法やウイルス療法のような新しい治療法の登場と従来の外科療法でのConversion Surgeryや放射線治療での粒子線治療等の改革で、人類とがんとの闘いはいよいよ最終局面に突入できる可能性と予感が溢れてきました。
同時に、患者としても、がんに対する正しい知識を持ち、これらに的確に対応する戦略的思考を持ち合わせなければならないのも大切な事実であります。
そのためにも医療者は、患者に対して愛情を以て寄り添う態度、自分の専門外の知識でも患者の皆さんに提供する機会を決して奪ってはなりません。厚生労働省の見解がそうであるように、むしろ、現行のエビデンスを堅持しつつ、次世代型の標準治療を生み出すことも、国や医療者の当然の責務になります。
おかげ様で本日、東京ビッグサイトにて『第4回がん撲滅サミット』を開催させていただくことができました。
最初に、西日本豪雨被災地へのチャリティー贈呈式、ご来賓のご祝辞ののち、私の大会長講演、そして政府からは内閣総理大臣補佐官 和泉洋人先生、厚生労働省医務技監 鈴木康裕先生、そして国立がん研究センター理事長 中釜斉先生、さらに、WT1ペプチドがんワクチンの開発者である杉山治夫先生(大阪大学大学院医学系研究科 特任教授)、7月から日本に凱旋帰国され、世界規模で益々ご活躍されている中村祐輔先生(公益財団法人がん研究会プレシジョン医療研究センター長、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム・AIホスピタルディレクター)にご講演をいただきます。
また、医療スペシャル講演として出澤真理先生(東北大学大学院医学系研究科 細胞組織学分野 教授)には、今世界で注目を浴びているMuse細胞の発見者として、発見に至るエピソードや画期的な改革が期待されているMuse細胞の将来像等を語っていただきます。
そして、がん撲滅サミットの目玉企画となりました公開セカンドオピニオンを今年も引き続き開催致します。日本が世界に誇る気鋭の先生方とご来場者の皆様との間で白熱したコラボレーションができますことを期待しています。
最後に『東京宣言2018』公表ののち閉会となります。ご来場の皆様に実りあるお時間を過ごして頂き、ご満足頂けますよう万全の準備を進めて参りました。最後まで楽しみながらお過ごし頂けますと幸いです。

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。