第4回がん撲滅サミットホームページトップへ

東京都知事メッセージ

東京都知事
小池 百合子

「がん撲滅」をテーマに立ち上げられたこのサミットが、4回目の開催を迎えられますことを、心よりお慶び申し上げます。 日々がん治療、がん研究に取り組んでいらっしゃる皆様に、心から敬意を表しますとともに、実行委員会や事務局の皆様をはじめ、開催に御尽力された関係者の皆様に感謝申し上げます。

がんは、昭和52年(1977年)以降、都民の死因の第1位であり、現在、都民のおよそ3人に1人が、がんで亡くなっています。今後、高齢化が加速する東京都では、がん患者の一層の増加が予測されております。
このため、都は本年3月に東京都がん対策推進計画(第二次改定)を策定し、「がん患者を含めた都民が、がんを知り、がんの克服を目指す」という全体目標の下、「科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実」、「患者本位のがん医療の実現」、「尊厳を持って安心して暮らせる地域共生社会の構築」の三つを目標に掲げました。
都民が、がんに関する理解を深め、がんの患者や経験者の方が、必要な支援を受けながら、罹患する前と変わらず自分らしい生活をおくることができるよう、都はこの計画に基づき、様々な施策を推進しております。がん患者の方の治療と仕事の両立に向けては、支援に積極的に取り組む事業主を支援する、難病・がん患者就業支援事業を昨年度スタートさせております。
こうした施策を展開するなど、関係者の皆様とともにがん対策を総合的に推進してまいります。

最後に、このサミットが、お集まりの皆様にとって実りのある場となりますとともに、がんと闘う患者と御家族の皆様の希望につながりますこと、また、皆様の今後の益々の御発展、御健勝を祈念いたしまして、私からのメッセージとさせていただきます。

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。