第4回がん撲滅サミットホームページトップへ

がん撲滅サミットの理念

~がんに支配された人類から、がんを支配(コントロール)する人類へ~

がん撲滅サミットとは2013年9月に身内に2人のがん患者がいる作家・ジャーナリストの中見利男氏が、一向に大きく減らないがん患者死亡率を将来的にゼロにしていくために、医療をはじめ、政府、官僚、経団連などの各界に呼びかけて「オールジャパンでがん撲滅に向けて立ち上がろう」と提唱したことから始まったがん撲滅ムーブメントです。

これによってパシフィコ横浜にて2015年6月9日に最高顧問、代表顧問主導の下、開催された第1回がん撲滅サミットにおいて皇室よりご来臨された高円宮妃殿下から『攻めなければ負けしかないなか、がん撲滅を目指すぐらいの意気込みは必須と感じます』との名誉あるお言葉を賜り、文字通りオールジャパンでがん撲滅に向けて乗り出そうという機運が高まりました。

ここで大事なことは『がんに支配された人類から、がんを支配(コントロール)する人類』に向けて明確な意志を以て挑戦を開始することです。

がん撲滅と言うとき、現在の常識では不可能だという点は誰も否定できない事実でしょう。しかし昨年のアンケートや公開セカンドオピニオンに関するご意見など見ますと多くの患者やご家族の皆様の本音は我々と同じく1日も早くがんなど撲滅して欲しいというものでした。そこで我々は高き目標としてがん撲滅という理念を現在と未来の政府、財界、研究者、医療者に向けて大きく掲げることでがん撲滅サミットを新たな歴史の出発点として位置づけてゆく方針です。

第4回がん撲滅サミットホームページ

~互いに攻撃し合うのではなく、互いに励まし合うがん医療社会の構築を!

確かにがんは日々人間の体内に4000個~6000個発生しており、がん発症そのものをゼロにすることは困難だと言われております。しかし、大事なことは、がん死をゼロに近づけようとする努力であり、がんの早期発見、新しい治療法の開発及び創薬の実施です。またがんを撲滅しようというアグレッシブな心を持つことでがんと診断されても積極的に生への希望を失わず、がんとの闘い、あるいは共存を目指して治療を実行することです。そのうえで、私共はがんになっても生き生きと活動のできる社会の構築をオールジャパンで目指して参ります。おかげ様で昨年は光免疫療法の治験開始に対しても後押しをさせていただいたほか、すい臓がん、小児がんなど難治性希少がん撲滅のための『先端高度がん医療センター(仮)』構想の政府への提言活動など、具体的なアクションを起こすことができました。こうした動きが、やがて患者やご家族への激励になればと存じます。大事なことは互いに攻撃し合うのではなく、互いに励まし合うがん医療社会の構築です。

そこで今大会は日本の医療界の重鎮でいらっしゃる佐治重豊先生(アジア臨床腫瘍学会名誉会長、公益財団法人がん集学的治療研究財団前理事長、岐阜大学名誉教授)を大会長にお迎えし、厚労省、内閣官房健康・医療戦略室と連携。さらに前大会長の武藤徹一郎先生(第3回がん撲滅サミット大会長、公益財団法人がん研究会有明病院メディカルディレクター・名誉院長)のご指導をいただきながら盤石の体制で開催に向けた準備に入ります。

~今回のテーマは『がん医療と新しい時代の幕開け!』~

第1回がん撲滅サミットが2015年6月9日に開催された翌年の2016年1月。アメリカでオバマ大統領が一般教書演説の中でがん撲滅ムーンショットイニシアチブを発表したことを皮切りに、バイデン副大統領を中心にアメリカでも『がん撲滅ムーンショットプログラム』がスタート。同年10月には日米韓保健相会合において『がん撲滅ネットワーク』が構築されることが決定しました。

こうした動きを踏まえて私共は早期がん発見、早期治療によって国内のみならず、海外の方にも日本のがん撲滅に向けた先端医療や日本の医療技術を享受していただきたいと考えております。そのためにも海外の方々の医療面における人材育成や、日本のがん拠点病院の優れた技術を紹介したり、輸出に向けた取り組みを支援して参りたいと考えております。

さらに日本国内の地方都市の人口減少による医療崩壊が進む中、地方のがん医療を含めた医療を如何に活性化するか、また地方都市で如何に良いがん医療を受けていただくかなど、地方への視点や地方版のがん撲滅サミットの展開を目指すことなどを今後検討して参る所存です。

その一方で、世界の動きを見渡せばゲノム医療や第4の治療――免疫療法等――を巡って壮絶な凌ぎの削り合いと呼んでも過言ではないほど、開発競争と共同研究が行われており、今や日進月歩です。下手をすると日本は世界の潮流の中でも次第に後れを取りつつある状況にあると言えましょう。そのためにも一刻も早く打開策を講じていかなければなりません。

そこで今大会のキャッチコピーは、『がん医療と新しい時代の幕開け!』とさせていただきます。

~今こそ、オールジャパンでがん撲滅へ~

当日は、総理官邸、厚労省、公益財団法人がん研究会有明病院、国立がん研究センターの皆様にご講演いただき、文字通り日本のがん医療のトップランナーの戦略をお伺いしたいと考えております。

さらにNCI(米国国立がん研究所)の最高評価を受けた日本のWT1ペプチドの開発者である 杉山治夫先生(大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学・特任教授)、日本が世界に誇る中村祐輔先生(シカゴ大学教授)に世界のAIホスピタルやプレシジョンメディシン最前線についてお話をいただきます。そして医療スペシャル講演として、今や世界でも注目されている修復細胞――Muse(ミューズ)細胞の発見者である出澤真理先生(東北大学大学院医学系研究科細胞組織学分野教授)にMuse細胞発見エピソードやMuse細胞を応用した医療ルネッサンスへの挑戦についてお話をいただきます。出澤先生は2018年4月米国ワシントンD.C.において、これまで29人のノーベル賞受賞者に贈呈された米国National Academy of investorsを受賞されました。こうした先駆者の体験を知ることで、さらなる希望と勇気を持っていただければ幸いです。

またがん撲滅サミットのもう一つの目玉となる公開セカンドオピニオンでは、患者、ご家族の皆様の質問に世界に誇れる医師の皆様からお答えいただきたいと考えております。

おかげ様で昨年はアメリカ、韓国、中国、台湾など海外からもお問い合わせや入場お申し込みをいただいたほか小林久隆先生(NCI/NIH主任研究員)の開発された光免疫療法の国内治験が2018年3月に国立がんセンター東病院においてスタートするという一大スクープを発信させていただきました。このように、日本から始まったがん撲滅への挑戦が国内外でも関心を呼んでおります。

どうぞ私共の理念や趣旨をご理解くださり、ご協力ご指導、そしてご来場いただけますと幸いです。

以上

第4回がん撲滅サミット実行委員会一同

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。