ホーム

厚生労働部会長メッセージ

  • ホーム
  • 厚生労働部会長メッセージ
橋本 岳

衆議院議員
自由民主党 厚生労働部会長
橋本 岳

第3回がん撲滅サミットがパシフィコ横浜においてご盛会であったことを心よりお慶び申し上げます。また、この度の大会準備や運営に尽力された武藤徹一郎大会会長はじめ関係各位に深く敬意を表します。私自身も、第1回大会時には厚生労働大臣政務官として大会に参加をさせて頂き、第2回は厚生労働副大臣として、そして第3回は自由民主党厚生労働部会長として関わらせていただいたことに感謝申し上げます。

さて、昭和56年以降、がんは我が国における最も大きな死亡原因となり、国民の2人に1人が生涯のうち一度はがんになり、3人に1人の方が亡くなる時代となっております。その中で政府は平成18年6月に成立した「がん対策基本法」、平成19年6月に策定された「がん対策推進基本計画」や、平成27年12月に策定された「がん対策加速化プラン」に基づき、放射線治療法、化学療法、手術療法の更なる充実とこれらを専門的に行う医療従事者の育成に重点的に取り組めるよう進めてまいりました。また、近年はゲノム医療への期待が高まっており、革新的な治療研究の支援等を一層推進しているところです。

私も自由民主党厚生労働部会長として、本年10月に見直されたがん対策推進基本計画に沿って、国民の視点に立ったがん対策、がん克服を目指すとともに、がん患者が尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築に向け本サミットの成果も生かして取り組んでまいりたいと考えております。

ご関係の皆様のご発展を心よりお祈り申し上げます。

平成29年11月15日

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。