ホーム

経済界代表メッセージ

岡藤 正広

伊藤忠商事株式会社 代表取締役社長
岡藤 正広

「第3回がん撲滅サミット」の開催を心よりお祝い申し上げます。また、がん撲滅に向け当サミット開催にご尽力されました関係者の皆様に心より敬意を表します。

伊藤忠商事では本年8月に「がんとの両立支援施策」を導入することを発表致しました。

日本全体の状況と同様に、当社でも、がんと闘病しながら働く社員や、惜しくもがんで亡くなられる社員も少なくありません。病気で亡くなられる社員の9割ががんであるという実態を鑑み、当社としても、早急に対策を講じる必要があると判断し、まずはがんにならない為の「予防」、そして、もしがんに罹患してしまった場合の綿密な「治療」、更には安心して仕事を続けられるための「両立・共生」、この3つの観点から、会社として支援を強化していくこととしました。

きっかけとなったのは、がんが原因で今年3月に亡くなられた社員が、生前、私宛に病床から下さった一通のメールでした。そのメールでは、それまで自分が会社から受けた支援や、先輩・同僚・後輩・仲間からの支えに感謝をするという内容と共に、「伊藤忠は日本で一番いい会社だ」と言ってくれました。大変残念ながら、その社員はメールを出されて程なくお亡くなりになってしまいました。私は御霊前で、その社員の言である「伊藤忠は日本で一番いい会社」、これを必ず実現し、この会社を立派で誇れる会社にしてみせると誓いました。

業界内でも社員数が少ない当社にとって社員一人一人の役割は非常に大きく、全社員が健康であり、元気に活躍してもらうことは非常に重要な経営戦略の一つとなっています。

そうした中、社員ががんなどの大きな病気に負けることなく、過度に心配をすることなく、安心して働き続けられる環境の整備と、それを支援する体制を整えていくことは、病気になった社員自身の支えややる気・やりがいに繋がるというだけでなく、それを支える周囲の社員や組織の連帯と強化にも繋がり組織の活性化を生むものと考えています。

当社の取組みが日本のがん撲滅、がんと闘いながら働く方々の支援、そしてそうした取組みを進める企業の活性化に少しでも繋がるものであれば幸いです。

ページトップへ

Copyright © がん撲滅サミット All rights reserved.
本HP内容につきまして無断転載を固くお断り申し上げます。